自己診断の危うさ

自己診断や簡易チェックと、プロの診断結果が違ったというのは、パーソナルカラー・骨格タイプ・顔タイプの全てにおいて「あるある」ですが…。

⁡昨年に話題になったのは、Z社が無料で提供している、メガネ&アプリを使った簡易パーソナルカラー診断。

試した皆さんからは口を揃えたように
「サマーばかり出る」
という感想を耳にしました。⁡

人間の眼の方がまだまだ正確


チャートに従って肌色や目の色、髪の色などを自分でチェックする簡易診断だと
「⁡自分ではオータムだと思っていた⁡」
というお客様の多いこと!

特に、ウインターの方がオータムだと勘違いする場合がよくあります。

この2タイプは目の色や髪の色に共通する部分がとても多いので、相互間で間違いやすいです。⁡

ウインターとオータムで迷う方は、とにかく明るい色より暗めの色が得意という傾向が強め。
(両方の色が似合うタイプも存在します)⁡


最近お越しになったA様も、自分ではオータムだと思い込んでいましたが、診断結果はウインターでした。⁡

自己診断を何度してもそうだし…と、渋々オータムカラーの服やコスメを身につける度に

  • 家族から似合っていないと突っ込まれる
  • 自分でも何かが変だと違和感を感じる

という悩みを抱えていました。
実際に、オータムカラーはA様には黄みや濁りが強すぎて、苦手な色が大半でした。⁡

実はA様は、ウインターの色が大好き!
診断を進めるにつれて、
「良かったぁ!」
「やっぱりこっちが好き!」

と弾けるような笑顔が溢れました。

お洒落が好きでセンスの良いA様なので、自分に似合う物は分かっていたはず。
自分の直感を曇らせる自己診断の誤診は、怖いですね。⁡

A様のように、
「やっぱり…」
「だからあの服が…」
「どうりでこの口紅が似合わないわけだ」

というような、思い当たる節がたっぷり!のお客様のリアクションを見ることが、診断中に頻繁にあります。⁡

「自己診断の結果と自分のセンスのどちらを信じるべき?」
と聞かれたら、私は迷わず⁡

自分が似合ってると思う方が正解!

と答えます✌️

あやふやな自己診断の結果に振り回されずに、自分の「好き」や「似合っている」を大切にして欲しいなぁと日々感じています。⁡
(迷い過ぎてもう疲れた…という人は、ぜひ診断にお越しください♡)


ちなみにA様の顔タイプは アクティブキュートで、色もデザインもインパクトが強めの個性派お洒落が似合うタイプ。

鮮やかなパーソナルカラーウインターとの相性も抜群です。⁡
一番のお気に入りブランドを教えてもらったところ、これが正にど真ん中!

これからは、自信を持って好きなファッションやメイクを楽しめそうですね!


そんな個性派のA様は作曲家で、ボカロP(=ボーカロイドのプロデューサーというらしいです)として活躍中🎹

⁡ボーカロイドとは「初音ミク」に代表される、機械の音声が歌う「ボーカル」と「アンドロイド」を組み合わせた造語です。

音楽センスの無い私は詳しくは知りませんでしたが、ボカロ曲を楽しむ人は10代〜20代の若い世代を中心に900万人とも言われており、もはや文化!⁡

音楽家の血筋と絶対音感を持つ、才能溢れる若きA様の曲はYoutubeで聴けます♬

    前の記事

    色の権利とは?